REGGAE(レゲエ)とは?起源や特徴と代表的アーティスト

レゲエ(REGGAE)とは
スポンサーリンク

この記事では、音楽ジャンルの「REGGAE(レゲエ)」について解説します。この音楽ジャンルに興味がある方、もっと詳しく知りたい方に向けて書かれています。この記事を読むことで、レゲエの歴史や成り立ち、主な特徴などを知ることができます。

REGGAE(レゲエ)の起源と歴史

レゲエは、スカやロックステディなど、ジャマイカの他のジャンルの音楽から発展しました。スカは、1950年代にジャマイカで生まれた音楽のジャンルです。スカは、速いテンポとオフビートへの強いこだわりが特徴です。ロックステディは、1960年代後半にジャマイカで発展した音楽のジャンルです。ロックステディは、遅いテンポと低音に重点を置いているのが特徴です。レゲエは1960年代後半に、ミュージシャンがスカとロックステディの要素を組み合わせて発展し始めました。

レゲエの初期の曲の1つは、1964年にジャマイカのバンド、ザ・ウェイラーズ(The Wailers)が発表した「シマー・ダウン(Simmer Down)」です。「シマー・ダウン(Simmer Down)」はジャマイカで大ヒットし、レゲエという新しいジャンルを普及させるのに貢献しました。1970年代には、ボブ・マーリー(Bob Marley)やザ・ウェイラーズ(The Wailers)といったアーティストの国際的な成功もあり、レゲエはジャマイカ国外でますます人気を集めるようになりました。ボブ・マーリー(Bob Marley)は、史上最も影響力のあるレゲエ・アーティストとして広く知られており、彼の音楽は大衆文化に永続的な影響を及ぼしたのです。

REGGAE(レゲエ)の文化

レゲエは単なる音楽の一種であるだけでなく、生活様式でもあります。レゲエ文化の特徴は、平和、愛、そしてコミュニティに焦点を当てることです。レゲエのアーティストたちは、しばしば自分たちの音楽で社会問題や政治問題への関心を高めています。レゲエはまた、抑圧や不正に対する抗議の形としても使われてきました。

レゲエは、1930年代にジャマイカで生まれた宗教的・政治的運動であるラスタファリ運動と密接に関連しています。ラスタファリ運動は、エチオピアの皇帝であるハイレ・セラシエ1世(Haile Selassie I)を神の生まれ変わりとする信仰に基づいています。ラスタファリアンはしばしばレゲエ音楽を使って、平和、愛、団結のメッセージを広めています。

REGGAE(レゲエ)の特徴

レゲエの特徴は、強いベースライン、ドラムとパーカッションのパターン、ジャマイカのパトワ語の方言の使用に重点を置いていることです。レゲエはスカやロックステディなど、他のジャマイカの音楽ジャンルに比べて、一般的にゆっくりしたテンポです。レゲエの曲は、社会的、政治的問題や、愛、希望、贖罪をテーマにしたものが多くあります。

REGGAE(レゲエ)の代表的なアーティスト

レゲエの主なアーティストは、ボブ・マーリー(Bob Marley)、ザ・ウェイラーズ(The Wailers)、ジミー・クリフ(Jimmy Cliff)、バーニング・スピア(Burning Spear)、リー・スクラッチ・ペリー(Lee “Scratch” Perry)などです。ボブ・マーリー(Bob Marley)は、おそらく最も有名なレゲエアーティストで、ジャマイカ国外にこのジャンルを広めたと言われています。彼の最も有名な曲は「ノー・ウーマン、ノー・クライ(No Woman, No Cry)」です。

近年の代表的なアーティストには、ブジュ・バントン(Buju Banton)、ビーニ・マン(Beenie Man)、ケイプルトン(Capleton)、バウンティ・キラー(Bounty Killer)などがいます。これらのアーティストは、キャッチーな歌詞とダンサブルなビートでよく知られています。

REGGAE(レゲエ)の代表曲

Bob Marley – No Woman, No Cry

Buju Banton – Champion

Beenie Man – King of the Dancehall

あなたの好きな音楽ジャンルは?

好きなジャンルは複数選択可能です。あなたの好きな音楽ジャンルを教えてください!

スポンサーリンク
SUPER SQUARE
タイトルとURLをコピーしました