BLUES(ブルース)とは?起源や特徴と代表的アーティスト

BLUES(ブルース)とは
スポンサーリンク

この記事では、音楽ジャンルの「BLUES(ブルース)」について解説します。この音楽ジャンルに興味がある方、もっと詳しく知りたい方に向けて書かれています。この記事を読むことで、ブルースの歴史や成り立ち、主な特徴などを知ることができます。

BLUES(ブルース)の起源と歴史

ブルースの起源は、アフリカ系アメリカ人の抑圧と苦難の体験にあるとされることが多いです。19世紀後半から20世紀初頭にアメリカ南部で発展した音楽ジャンルで、スピリチュアル、ワークソング、フィールドホラーといったアフリカ系アメリカ人の音楽ジャンルを直接的に受け継いでいます。

ブルースという言葉は、1900年代初頭にこの音楽スタイルを表すために初めて使われました。ハート・ワンド(Hart Wand)の「ダラス・ブルース(Dallas Blues)」が出版されたときが、音楽に関して「ブルース」という言葉が使われた最初の記録となっています。

その後、W.C.ハンディ(W.C. Handy)の「メンフィス・ブルース(The Memphis Blues)」がヒットし、このジャンルの普及に貢献しました。ブルースはすぐに南部から米国の他の地域へと広がり、世界中で人気を博すようになったのです。

BLUES(ブルース)の文化

ブルースは、しばしばアフリカ系アメリカ人の体験と結び付けられます。この音楽ジャンルは、アメリカ南部に住むアフリカ系アメリカ人の闘争と苦難から発展したものであり、多くのアフリカ系アメリカ人が強いられていた厳しい生活の反映でもあるのです。

アフリカ系アメリカ人がルーツであるにもかかわらず、ブルースはあらゆる人種や文化の人々によって楽しまれています。この音楽は、ロックンロール、ジャズ、カントリーミュージックなど、他のジャンルの発展にも影響を及ぼしています。

BLUES(ブルース)の特徴

ブルースは、感情表現に重点を置いた音楽ジャンルであることが特徴です。歌詞は、愛や喪失、心の痛みといったテーマを扱うことが多くなっています。

ブルースは、特定のコード進行と、特定のメロディと歌詞のテーマによって特徴づけられています。通常、12小節形式で演奏される。12小節形式は、ブルース・ミュージックで人気のあるコード進行の繰り返しです。このコード進行には、通常、I、IV、Vのコードが含まれます。また、ブルースはブルーノートを使用することも特徴的です。ブルーノートとは、標準的な音程よりも少し低い音程で演奏される音符のことです。ブルーノートを使うことによって、ブルースの特徴的なサウンドが生まれています。

BLUES(ブルース)の代表的なアーティスト

ブルースというジャンルに影響を与えたアーティストはたくさんいます。最も有名なブルース・アーティストには、B.B.キング(B.B. King)、マディ・ウォーターズ(Muddy Waters)、ハウリン・ウルフ(Howlin’ Wolf)などがいます。これらのアーティストは、ブルースのサウンドを形成し、今日のような人気のあるジャンルにすることに貢献しました。

BLUES(ブルース)の代表曲

B.B. King – The Thrill Is Gone

Muddy Waters – Mannish Boy

Howlin’ Wolf – Howlin’ for My Darlin’

あなたの好きな音楽ジャンルは?

好きなジャンルは複数選択可能です。あなたの好きな音楽ジャンルを教えてください!

スポンサーリンク
SUPER SQUARE
タイトルとURLをコピーしました